上手くいってるカップルのたった一つの特徴

上手くいってるカップル 未分類

上手くいくカップルの特徴は何でしょう?
それはお互いが「自分にとって大切なことは自分に決定権がある」と思えることです。
これはカップル間の力関係が均衡していることよりも重要です。

重要なことの決定権を持てているという認識が重要

マルティン・ルター大学が平均8年の交際期間と1ヶ月以上の同棲期間を持つ181組のカップルを調査しました。
そこでカップル間のパワーバランスやそれをどう認識しているかということを調べました。
同時にカップルの関係の質についても確認しました。

その結果、幸福な関係を維持するためには共同生活の中で自分にとって重要なことの決定権を持てているという認識が重要だと分かりました。
特に男性においてこの傾向が強いといえます。

同じ権力を持っているかは幸福度に影響しない

お互いが同じだけの権力を持っているという客観的な事実は幸福度に影響を与えませんでした。

パワーバランスでいえば男性のほうが強いカップルのほうが多かったのですが、それによって女性の幸福度が下がっているということはありません。

それどころか女性の場合はパートナーである男性が「自分が主導権を握っている」と考えているケースのほうが幸福度が高い傾向にありました。

平等意識が強すぎるとしこりが残る

お互いに平等でいようという意識の強いカップルの場合、何かを決めるときにきっちりしすぎてしまうことがあります。

「前回は自分の意見を通してもらったので今回は譲歩しよう」といった考えを持つことは大切です。しかしお互いが同じ数だけ意見を通すことができたとしても自分にとって重要なことの決定権を譲ってしまうとそれがいつまでも心の中に残ることもあります。
そのモヤモヤが不満につながり関係が上手くいかなくなることもあるのです。

お互いが何を重要視しているのかということをすり合せることが必要かもしれません。
大切なのは同じ数だけ譲歩することではありません。相手が重要と考えていることを尊重することです。

参考文献:Power in romantic relationships: How positional and experienced power are associated with relationship quality

タイトルとURLをコピーしました