本当に優しい人の特徴!表情で見分ける方法がある

知っておきたい心理学

本当に優しい人を外見から見分ける方法を紹介します。男女ともに使える方法です。

具体的に優しいとはどういうことかというと、辛い思いをしているときなどに理解してくれる人なのかしてくれない人なのか、共感力が高い人なのか低い人なのかということです。

本当に優しい人には顔の表情に特徴があります。

優しいDNAは顔に出る

本当に優しい人を見抜くにはどうれば良いかというと、顔からDNAの配列を見分けるのです。

オキシトシン受容体遺伝子のDNA配列の一つに「rs53576」というものがあります。

このrs53576がどのタイプを持っているかによって、人の気持ちが分かるかどうかが変わると言われています。

rs53576にはGGホモ、AAホモ、AGヘテロの3種類があります。

この中のGGホモを持つ人は他の2つを持つ人と比べて優しくて共感力が高く信用できるとされています。

なぜならこのGGホモを持つ人は脳の視床下部という場所の体積が大きいからです。この場所が大きい人は他人の感情の手がかりに触れたとき自分自身の情動反応の処理に関連する扁桃体が活性化しやすいことが分かっています。

簡単にいうとGGホモを持つ人は他人の感情を察しやすい優しい脳を持っているということです。

そして、この特徴が顔の表情に出るとも言われています。

GGホモを持っていて信用されなかったのは1人だけ

トロント大学が面白い実験をしています。

参加者にビデオを見せて、その登場人物が信用できるかできないかを判断してもらうという実験です。

このビデオの登場人物が何をしているかというと、恋人からの辛い話を聞いているのです。

その姿を見て信用できるか、できないかを参加者に判断してもらいました。

その結果どうなったでしょうか?

信用できるとされた側の上位10人のうち6人は他人の感情を察しやすいとされるGGホモを持っていたのです。

そして、信用できないとされた上位10人のうち9人がGGホモ以外を持っていたのです。

ちなみにビデオに登場した23人のrs53576のタイプの内訳はGGホモ10人、AGヘテロ10人、AAホモ3人でした。

つまりGGホモを持っている人で信用されないと判断された人は10人中1人しかいなかったということです。

共感力の高い人は表情がつられやすい

上記の実験からは直感が当たるということが分かりました。

つまり優しい人か冷たい人かを判断したければ辛い体験を話して、そのときの表情に注目して信用できそうかどうかを判断すれば良いということです。

そして信用できると感じた人はGGホモを持っている可能性が高いので、共感力の高い脳を持っていると分かります。

ちなみになぜ直感で分かるかというと、他の実験で分かったことですが、共感力の高い人は他人の辛い話を聞いたときに表情がつられるからです。自分も辛そうな顔をするということです。

そして私たちはその表情を見ると無意識に「この人は本当に優しい人なのだ」と判断するのです。

共感しているときはアクビがうつりやすいという研究もありますからね。

おすすめ:草食系男子ほど無理やりキスやセックスをする

参考文献:Thin-slicing study of the oxytocin receptor (OXTR) gene and the evaluation and expression of the prosocial disposition.

タイトルとURLをコピーしました