マッチングアプリで真剣交際を求める男性のプロフ写真にはアレがある

マッチングアプリのやり目的の男を見分ける方法 未分類

ここ数年でマッチングアプリは男女の出会いの主要な手段の一つになりました。相談に来る人の話を聞いていても「ペアーズで出会いました」などと言う人も増えてきた感覚があります。結婚までいった人も少なくありません。

運営会社も様々な機能を実装し恋活だけでなく婚活にも使えるようなアプリも出てきました。

しかし無料で気軽に登録できるぶん中にはやり目的の人も存在します。既婚者であることを隠してデートしようとする人もいます。

たいていはメッセージのやりとりをしている中で判断できますが時間が経ち恋愛感情が芽生えてから本当のことを打ち明けられてようやく年齢詐称を知ったというケースもあります。

マッチングアプリで彼氏を探したい人がこのような相手に騙されないように誠実な相手とやり目的の相手の見分け方を解説します。

真剣な交際を求める男性の写真には○○が写っている

マッチングアプリで真剣な交際を求めている男性を見分けるにはプロフィール写真をチェックしてください。
そこに子供や動物と一緒に写っていたらその男性はきちんとしたお付き合いを求めている可能性が高いです。

マッチングアプリのプロフィール

カナダのセント・メアリーズ大学がマッチングアプリから面白いデータを抽出しました。プロフィール写真とどのような出会いを求めているからの相関を調べたのです。

そうしたところワンナイトラブのような短期的な関係を求める男性よりも、長期的な関係を求める男性の方が子供や犬と一緒の写真をプロフィールに使う傾向が高いことが分かったのです。

お金と労力を投資する能力をアピールしている

なぜ長期的な付き合いを求める男性ほど子供や犬と一緒の写真を使うのでしょうか?

それには交配戦略が関係しています。つまりセックスして子孫を残すための戦略です。

何人でも子供を残せる男性と比べて女性はその数に限りがあります。そのため生まれてきた子供にリソースを集中させたいと思います。そしてそれをパートナーである男性にも求めます。つまり自分自身と生まれてくる子供に労力や金銭を使ってくれる男性を選ぶということです。

交配戦略

このことを男性も本能的に理解しています。なので将来を見据えた相手を求めるときには世話や投資をする能力があるとアピールしようとします。

それが子供や動物と一緒に写った写真をマッチングアプリのプロフィールに載せるという行動につながるのです。子供や動物は誰かのケアを必要としますからそれらを扶養しているように見せることが資源や世話を提供する能力や意思を示すシグナルになるのです。

「犬を飼ってます」と書いてるだけならやり目的かも

もちろん犬と一緒の写真を使っている男性が必ずしも誠実とは限りません。遊び人がアピールのために使うこともあるでしょう。

実は今回の調査ではもう一つ分かっていることがあります。それはペットを飼っている場合、長期的な付き合いを求める男性ほど写真に載せる割合が高いということです。
短期的な付き合いを求める男性はペットを飼っていても写真に載せる割合が低いのです。

つまりプロフィールの自己紹介に「犬を飼ってます」と書いていてもそれを写真に載せていなかったらやり目的の可能性が高くなるので安心できないということです。ぜひ参考にして素敵な恋人を見つけてください。

ちなみに他の実験の結果ですが女性から見た場合にはマッチングアプリのプロフィールに動物と一緒の写真を載せている男性は魅力を感じにくくなるそうです。不思議ですね。

参考文献:Dependents as Signals of Mate Value: Long-term Mating Strategy Predicts Displays on Online Dating Profiles for Men.

タイトルとURLをコピーしました