性格の悪い美人と性格の良いブスはどっちがモテるのか?

未分類

男性は美人なら性格が悪くても恋愛対象とする人が多いようです。悪いという次元ではなくヤバい性格であっても美人と付き合いたいと考えます。

顔と性格を評価させる実験

ビショップ・グロースツト大学の研究者が500人以上の成人を対象に恋愛の選好基準について調査しました。
この研究では被験者に異性の写真と性格についての説明を提示して評価させました。

この研究の特筆すべき点は性格についての言及でサイコパスや境界性の人格特性を匂わせるような表現を使用している点です。
「ルールを破るのが好き」「スピード運転をする」「ドラッグが好き」といった衝動性を意味するものや「人間関係のドラマが多い」「不安や自己批判が多い」といった不安定な性格を意味する表現がされているということです。

キツい性格というよりヤバい性格に見えるプロフィールになっているのです。

性格が悪くてもヤバくても男は美人が好き

これらのプロフィールに対する評価は男女で異なりました。

女性は性格と経済力を重視していました。
イケメンでなくてもお金持ちで性格がヤバくない男性を選ぶ傾向がありました。

男性は身体的な魅力を重視していました。
ヤバくない性格の不美人よりもヤバい性格の美人を選ぶ傾向があったのです。

多少性格が悪くても美人ならOKという男性がけっこういるということはみなさんも感覚として知っていたと思います。
この研究はさらに突っ込んでかなりヤバい性格でも美人ならOKという男性もけっこういるということを明らかにしてくれました。

参考文献:Borderline personality traits in attractive women and wealthy low attractive men are relatively favoured by the opposite sex

タイトルとURLをコピーしました