人差し指より薬指が長い男は浮気をする(2D:4D比)

人差し指と薬指の長さ 未分類

男性ホルモンの一種であるテストステロンは仕事やスポーツの能力、性欲に関連するといわれています。

このテストステロンの量は指の長さを見れば分かるともいわれています。

なぜなら母親の胎内で浴びたテストステロン量が多い人は人指し指に比べて薬指が長いといわれているからです。

人指し指と薬指の比率を2D:4D比といいます。(Dは指を意味するDigitの略)

薬指の方が長ければ2D:4D比は1より小さくなります。つまり2D:4D比が小さいほどテストステロンが多いと考えられます。

2D:4D比と能力や性欲の関係を調べた研究は数多くあります。

それらの研究で薬指の長い男性にはつぎのような特徴があるとされています。

  1. 浮気願望を持っている人が多い
  2. 性的なパートナーの数が多い
  3. 魅力的な女性と付き合っている可能性が高い
  4. 恋人に対して攻撃的
  5. 仕事のパフォーマンスが高い

ちなみに最近、不倫がバレた芸能人の2D:4D比を調べたところ平均よりも小さい人が多かったです。
(つまり薬指のほうが長いということ)

なのでこの指標はそれなりにアテになるかもしれません。

合コンに行ったら男性の薬指の長さに注目してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました