その他心理学用語

ストレス

■ストレス
<stress>
 
セリエSelye,H.によって用いられたのが始まり。
 
生体が示す特異的な症候群の示す状態のこと。
 
仕事上の要請、対人関係、環境や心の傷などの要因(ストレッサー)によって、精神的不安やいらつき、身体症状などが引き起こされる状態のこと。
 
一方、ラザルスLazarus,R.S.は心理的な側面からストレスをとらえ、環境からの要請と、それへの個人の対処能力(コーピング)とのバランスが保たれず、前者が後者を超えるときにストレスが生ずるとした。

カテゴリ~その他心理学用語では、以下の内容を掲載しています。
外向性・内向性
ストレス
セルフ・ハンディキャッピング
既視感
ひきこもり
フラッシュバック
モラトリアム

Copyright © 2005カウンセラーの資格. All Rights Reserved.