精神分析編

イド、自我、超自我

■イド、自我、超自我
<id, ego, superego>
 
■イド(id)
「イド、自我、超自我」は、精神分析学者フロイトによって提唱された、精神構造を3つに分けた概念。
 
フロイトによると人間の精神構造は「イド、自我、超自我」から成り、その中でイド(id)とは、人の精神エネルギーの源泉に当たる。
 
イドは快楽原理に基づいて、本能のままに「今すぐあれがしたい」「これがしたい」という欲求を出して満足を求める。
 
■自我(ego)
このイドの上に存在し、理性的にイドをコントロールするのが自我(ego)である。
 
自我は本能的な欲求を現実にあった形にする役割や、その欲求をかなえるために必要なプランを立てるなどといった準備行動を作り上げる。
 
例えば、「嫌いな仕事でも家族の生活のためだ」と思い、仕事を続けることは自我の働きによるものである。
 
■超自我(super ego)
最後に、超自我(super ego)とは常に道徳的、意識的であろうとする部分である。
 
子どもは親から叱られたり褒められたりすることで、行動の善し悪しを学ぶ。
 
幼い頃は親の判断基準に従っているが、成長するにつれ「これをやっては他人に迷惑がかかるからやってはいけない」と自分で判断できるようになる。
 
この意識が超自我である。
 
超自我は自我の意識よりも強く、イドを律する。つまり、自我はイドと超自我の間に立つ調整役であり、三者の関係はそれぞれ自動車、ドライバー、交通法規になぞられることができよう。
 

カテゴリ~精神分析編では、以下の内容を掲載しています。
イド、自我、超自我
エディプス・コンプレックス
エレクトラ・コンプレックス
エロス
カタルシス
快楽原理
去勢不安
元型:アーキタイプ
コンプレックス
ライフスタイル
劣等感
深層心理

Copyright © 2005カウンセラーの資格. All Rights Reserved.