心理カウンセラーを目指す方へ

心理学が脚光を浴びています。

書店には、心理関係の本だけではなく、ビジネスや恋愛の書籍にも“心理”の言葉が使われています。

様々なカルチャースクールや専門学校などでも、一般の方々が、気軽に心理学を学べるようになり、心理カウンセラーを目指す方も、確実に増えてきております。

ひと昔前であれば、家族や近隣などの地域で、それぞれの悩みを解決してきました。しかし、近年の核家族化の進行や、社会環境の急激な変化により、心に起因するトラブルは、家庭内では解決できないケースが増えてきています。

トラウマ、ひきこもり、登校拒否、摂食障害、PTSDなどの地域や家族では解決できない悩みに対して、手助けを求めている人が増えているのです。

このような現状の中、心理カウンセラーを目指される方は、しっかりしたカウンセラーの心構えを学んでおくとともに、既に心理カウンセラーの方には、自分が求められている役割をしっかりと認識して頂く必要があります。

心理カウンセラーの資格と社会環境

カウンセリングを行なうことやカウンセラーを名乗ることについての法的拘束がないため、何の資格を持っていない人が、カウンセラーやセラピストと名乗っているケースが多々あり、様々なトラブルが起こっています。

また、一般の方が心理系の資格を取得しようと思っても、もっとも一般的なカウンセラーの民間資格である臨床心理士でさえ、受験資格に大学院卒業や最低1年以上の心理臨床経験を必須とするなどハードルが高く、一般の人がなかなか心理学業界に入りにくいということもあげられます。

心理カウンセラーの資格を取得したとしても、活躍できる勤務場所あるいは職場環境、勤務条件、法的整備などが、きちんと整理されているとは言えません。

注目される分野ではあるものの、カウンセラーを目指す人と、カウンセリングを受けようと思う人にとって、今の心理の世界というのは、決して整備された状況とは言えないのが実情です。

どの資格を取得すればいいのか、どのようにして職を見つければいいのか、どのようにして開業していけばいいのか。目指す人は増えていますが、どのようにして食べて行けばいいのか分からない方がほとんどなのです。

当サイトでは、心理カウンセラーを目指す方に、カウンセラーとしての基礎知識と予備知識を提供し、心理学業界の現状についても触れていきたいと思います。

Copyright © 2005心理カウンセリング基礎知識. All Rights Reserved.